パリ 女一人旅 2009年4月 ~旅の準備~

2003年から初めたフランス語のレッスンが6年を過ぎ、一度はフランスで教わりたい!という気持ちが強くなり、2008年12月にパリへ行ってから4ヶ月しか経たないのに、思い切って行くことにしました。

そうです、語学留学です。

と言っても1週間の超短期留学。

これは留学とは言わないでしょうね。(笑)

いいんです、私にとっては語学留学。

スポンサーリンク

勉強先に選んだのはパリから北西にあるルーアンという街の語学学校。

理由はパリと比べて、街にも学校にも日本人が少ないのと、学費が安い。

この2点です。

街も学校もとっても居心地が良かったからルーアンにして正解でした。

ルーアンだけでなくパリも満喫しました。

街歩きをしたりフォンテーヌブローへ出かけたり。

今回は旅程に関わることの準備について書いています。

旅行の概要

期間

2009年4月10日(金)~4月21日(火) 10泊12日
パリ2泊+ルーアン6泊+パリ2泊

旅行の形態

icon-check-circle 航空券、ホテルなどをWEBサイトから個人手配

今回は語学留学が目的の旅なので、自由度の高い個人手配。

航空券とホテルを個人手配する時のコツを紹介しています。

フライトスケジュール

icon-check-circle 航空会社

ANA(全日空)

往路 NH205 11:25 成田空港発 16:40 パリCDG空港着

復路 NH206 20:00 パリCDG空港発 翌日14:30 成田空港着

icon-check-circle 搭乗クラス

エコノミークラス

宿泊先

icon-home パリ その1

Hotel Britannia (ホテル・ブリタニア)  パリ9区

※2015年に全面改装され、現在は Phileas Hotel (フィリアス・ホテル)

部屋のタイプ: シングル

最寄り駅:メトロ3号線、12号線、13号線、14号線 サン・ラザール駅、徒歩約5分

PARIS SANT-LAZAREから徒歩3分

Phileas Hotel WEBサイト  icon-external-link

icon-home パリ その2

Hotel Best Western Folkestone Opera (オテル・ベストウェスタン・フォークストン・オペラ)  パリ8区

部屋のタイプ: シングル

最寄り駅:メトロ8号線、12号線、14号線 マドレーヌ駅、徒歩約5分

Hotel Best Western Folkestone Opera WEBサイト  

icon-home ホームステイ宅

Mont-Saint-Aignan (モン=サンテニャン)

パリのサン・ラザール駅から電車で約1時間30分のルーアン駅から車で10分。

ノルマンディー地方にある町。

ホテル選びの決め手を紹介しています。

旅行のための準備

航空券の購入

icon-check-circle ANA(全日空)のWEBサイトから購入

WEBサイトから購入する良さは、時間を選ばずいつでも購入でき、席を事前に決められる(選べる)こと。

ホテルの予約

icon-check-circle ホテルのWEBサイト

1泊の予算、バスタブ付、交通の便、治安の良さで探し、ホテルのWEBサイトから予約をしました。

語学留学の申し込み

小中高生、大学生、社会人、シニアの留学を斡旋している「ネクシスジャパン」に申し込む。

1週間の語学留学でも、出発前にメールでの細かなやり取りをしてくれて、安心して出発できました。

ネクシスジャパンのWEBサイト フランス留学のページ icon-external-link

パリからルーアンまでの電車の往復切符をSNCF (フランス国鉄) のWEBサイトから購入

WEBサイトから購入するのは初めてなので、購入経験談のブログ記事をたくさん読みました。

SNCFのWEBサイト フランス語 icon-external-link

SNCFのWEBサイト 英語 icon-external-link

ノートでしおりを作る

好きなノート(A5サイズ)に旅程や食事、買い物をするお店の情報を書いたり、地図、メトロ、バス路線図や観光場所の情報を貼り付けたりして作りました。

たくさん集めた情報を整理でき、ノートなので気になる事があった時にいつでも書き込めます。

しおりを自作したのは市販のガイドブックは持って行きたくなかったから。

理由は

icon-asterisk 市販のガイドブックは情報量が多い分、どうしても重く、かさばり、持ち歩きにくい。

icon-asterisk 街なかでガイドブックを広げて見ていると、観光客であることが現地の人たちに分かりやすくスリに狙われやすい。

旅行のために調べたこと

行きたい場所、店、買いたい物の情報とメトロ、バスのルート

行きたい場所、店が決まったら住所と営業時間と交通手段を、買いたい物は商品名をしおりに書きました。

ここでポイントは

  • 施設名、店名、住所、駅名、商品名はフランス語か英語で書いておく。
  • メトロ、バスの路線番号は『M3』(メトロ)『Bus63』(バス)のようにアルファベットと数字で書いておく。

もし、ホテルのレセプション、店や街なかで聞く必要があった時、日本語(漢字、ひらがな、カタカナ)で書いてあると現地の人は読めません。

次はパリとルーアンの滞在の様子をお伝えします。icon-plane