パリ 女一人旅 2008年12月 ~パリからRERに乗ってヴェルサイユへ~

2008年12月3日(水)

6泊8日の旅行へ出発の日になりました。

今回はパリCDG空港到着後、パリ市内のPorte Maillot (ポルト・マイヨー)へ行き、電車でVersailles (ヴェルサイユ)の西にある街Saint-Cyr-l’École (サン=シール=レコール)まで行きます。

初めて乗るRER (首都圏高速鉄道)。

スーツケースを引きずりながら乗車出来るのか、間違えずに乗り換えが出来るのか、ドアが閉まる前に降りられるのか...

ちょっと不安、でもわくわくな気持ちで出発です。

スポンサーリンク

移動ルート

Aéroport CDG (パリCDG空港) icon-anchor
↓ AirFrance Bus Line 2 (エールフランスバス ライン2)
Porte Maillot (ポルト・マイヨー) icon-anchor

Neuilly Porte Maillot (ヌイイ・ポルト・マイヨ)駅 icon-anchor
↓ RER Line C (RER C線)
Champ de Mars – Tour Eiffel (シャン・ド・マルス – トゥール・エッフェル)駅 icon-anchor
↓ RER Line C7 (RER C7線)に乗り換え
Saint-Cyr (サン-シール)駅 icon-anchor

友人宅 icon-home

Googleマップにルートを載せてみました。2008/12/03の左側にある矢印→付アイコンをクリックするとマークが付いている場所名とルートが分かります。緑の線はエールフランスバス、オレンジの線はRER C線です。

はじめてのエールフランス(Air France)

2007年秋の旅行で出発日に成田空港へ行く京成線でトラブルがあり、出発の2時間前に空港に着いていればいいんじゃないのかなぁと言う甘い考えはやめて、出発の3時間前に空港に着くように家を出ました。

参考記事
パリ 女の旅行記 200711月 ~成田空港からパリへ~

エールフランスの出発は12時40分、成田空港第1ターミナルには9時40分到着。

搭乗手続き(チェックイン)をして荷物を預け、海外旅行保険の申し込みを済ませ、時計を見ると搭乗まで2時間近くある。

空港で搭乗までの待ち時間が長いともったいないと思うけど、出発前にバタバタするよりは気持ちが楽(ラク)。

エールフランスの機内

フランスと言うだけで、色眼鏡で見てしまうが、エールフランスの機内が “おしゃれ” な気がする。

フランスへ行くので気持ちが舞い上がっているから。(笑)

フランスの航空会社らしく、2回の食事にチーズが付いていて、機内から少しずつフランスを感じられる。

搭乗クラスはエコノミー。

座席の配置が3-4-3。

座席幅、通路が思っていた以上に狭~い。

前の座席との間も狭く、前の人が座席を後ろに倒していると、トイレから自分の席に戻った時に座るのに一苦労。

エールフランスのエコノミークラスの座席表

パリCDG空港からパリ市内へ

到着したターミナルは「ターミナル 2F」。

RERに乗るためにパリ市内のPorte Maillot(ポルト・マイヨー)までAirFrance Bus(エールフランス バス)に乗る。

AirFrance Busは、観光バスのように外から出し入れ出来る床下トランクルームがあり、スーツケースや大きな荷物はそこに入れてくれる。

Porte Maillotに行くルートは次にEtoile (凱旋門)へ行くので、荷物を預ける時にどこで降りるのか聞かれる。

Le Bus Direct(ル・ビュス・ディレクト) 旧エールフランスバス WEBサイト icon-external-link

車内は7割くらいの乗車率。

通路を挟んで隣の席に座っていたフランス人のオジサマが、日本在住で日本語がペラペラ。

彼の仕事の話し、家族の話しを聞いていたらPorte Maillotまでの時間が短く感じた。

ほんとにフランス人は話すのが好きなんだなぁと実感。

Porte Maillotで降りると、通りの反対側にホテル「 Le Méridien Etoile(ル メルディアン エトワール)」が見える。

バスで来た方向と同じ方向に歩き、RER C線に乗るためNeuilly Porte Maillot(ヌイイ・ポルト・マイヨ)駅まで歩く。

駅の窓口でSaint-Cyr(サン-シール)駅までの切符を購入。

窓口の男性に「日本人なの?」って聞かれたので、

「そうよ」と答えたら、

「僕、日本好き」とニコニコ。

「ホームへ降りるのはそこの階段だよ~」

「乗る電車はこっちのホームだよ!」

と、彼が日本びいきなのだとしても、フランスにいてこんなに丁寧に説明してくれる人に出会うなんて、ビックリ。

ちょっと心細かったから素直にうれしい。icon-heart

RER C線に乗ってSaint-Cyr駅へ

Neuilly Porte Maillotから乗って、Champ de Mars – Tour Eiffel(シャン・ド・マルス – トゥール・エッフェル)駅で下車。

ここでSt-Cyr駅があるC7線の終点駅Saint-Quentin-en-Yvelines(サン=カンタン=アン=イヴリーヌ)行きに乗り換える。

到着したホームとは別のホームへ移動しなければならない。

スーツケースを持ち上げ階段を降り、乗り換えホームへ階段を上る。

駅のホームにエスカレーター、エレベーターは無い。

なかなかの重労働。。。(汗)

乗り換え時間が30分あるので、Saint-Cyr駅に着く時間を友人に連絡する。

無事Saint-Quentin-en-Yvelines行きの電車に乗り、約30分後Saint-Cyr駅に到着。

改札を出たところに友人が待っていてくれた。

12時間の飛行機移動の後、約2時間のバスと電車移動はさすがに疲れます。。。

友人宅でゆっくりお湯に浸からせてもらい、明日からのヴェルサイユとパリの街歩きに備えます。🛀