パリのホテルの選び方のポイントは立地、設備、宿泊費の3つを吟味

パリで泊まるホテルを予約する前に考えておきたい、立地、設備、宿泊費についてお伝えします。

この3つを、旅行の時期、パリでどんな場所に行くのか、趣味嗜好、予算などで考えていくと、あなたの旅の合ったホテルが見つかります。

パリでどんなホテルに泊まるかは旅の楽しみを大きく左右します。

パリのホテルは内容も宿泊費も様々。

  • 豪華な高級ホテル
  • 歴史ある建物を改装しインテリアにこだわっている中級ホテル
  • 気取らずホテルで過ごせるエコノミーホテル
  • 団体ツアーでよく利用される大型ホテル
  • 暮らすように滞在できるレジデンス(高級アパート)ホテル
  • とにかく安いドミトリー(相部屋)

ホテルの立地、設備、宿泊費があなたに合ったホテルを見つけましょう。

スポンサーリンク

[立地] 治安や便利さを考えるならパリの中心に泊まろう

パリ旅行が『観光重視』、『買い物重視』、『のんびり滞在重視』のどれにしても、パリの中心がいいです。

多くの観光名所、デパートやショッピングエリアはパリの中心にあります。

また、パリからのオプショナルツアーは集合場所がルーヴル美術館の近くのことが多いです。

例えば、モン・サン・ミッシェルへの日帰りツアーは、パリから出発の集合時間が朝の7時、パリでの解散時間が夜の9時頃が多いのですが、ホテルがルーヴル美術館近くまで徒歩圏内だと移動時間が読めます。また、早朝、夜のメトロやバスに乗らずに済みます。

  icon-pagelines ホテル周辺の状況も大切

観光、食事や買い物でホテルから移動のとき利用する最寄りのメトロの駅やバス停へは徒歩5分くらいを目安にしましょう。

近くにスーパー、パン屋、欲を言えばパティスリー(洋菓子店)などがあると滞在の楽しみが増えます。icon-smile-o

避けたいのは、夜に騒がし場所。

夜に寝られないのは辛いですから。

それを考えると、大通り沿いよりも、大通りからちょっと入った場所がおススメです。

ホテルの周辺にはどんな店があり、どんな人たちが住んでいるのか、どんな人たちが集まるのかは重要です。

格安ツアーのホテルランクのスタンダードはパリの外側にあることが多い

格安ツアーは代金を安くするために、パリの中心から離れた場所にあるホテルを設定していることが多いです。

どのあたりかというと、パリ市内を囲んでいる環状道路沿いです。

赤い太線が「ここはパリじゃない」ってパリに住む友人に言われた環状道路

パリ市内を囲んでいる環状道路の地図

環状道路に近いホテルは、観光名所、買い物や食事をする店が集まるパリの中心への移動にメトロやバスで30分以上かかります。

また、治安が良くないと言われている場所(パリ北東部)もこの環状道路沿いにあります。

こちらのサイトは非常にわかりやすくパリ市内の危険度がまとめられているので、ホテルの場所を決めたり、観光や買い物で訪れる場所を決めたりするのに役立ちます。

参考サイト

【2017年度版】パリの地区別危険度が一目で分かる治安マップを公開。治安の良い・悪いエリアを知りパリ旅行のホテル選びや旅行プラン作りの参考にしてください。icon-external-link

icon-frown-o [私の経験談] 友人と女二人旅の時、格安ツアーをキャンセルして航空券とホテルを個人手配しました

2009年夏(7月)に友人と二人旅をした時、初めは往復の航空券とホテルがセットになった旅行会社のツアーで行こうと計画していました。

友人が「なるべく安く行きたい」と言ったので、飛行機は往復アシアナ航空、ホテルのランクはスタンダードで18万円(5泊7日)くらいのツアーに決定。

旅行会社の担当者に「御社のホテルのスタンダードはパリのどのあたり設定しているのですか?」と聞いたら、「パリ市内の外側にある環状道路の近くになることが多いですね~」との答え。

以前、パリに住む友人に「パリじゃない」と言われたのを思い出し、

「やっぱり安いとこういうことなのよね...仕方ないわ」と納得。

ツアーを申し込んだ後、同行の友人が、一人でシャンゼリゼ通りにある『リド』というナイトショーを観に行きたいと言ってきて、

「ナイトショー? 夜遅くに一人でホテルに帰ってくる? ホテルがどこになるのか出発直前でないと分からないのに、いやぁ~怖い怖い!」

ホテルで待っている私の方が不安になり、思い切ってツアーをキャンセルし、航空券とホテルは個人手配にしました。

もちろんホテルはシャンゼリゼ通りにある『リド』から徒歩圏内。

ツアーのキャンセル料を払っても、18万円くらいで航空券とホテルを手配できました。

icon-frown-o パリに住む友人に「パリじゃない」と言われたときの旅行記はこちら

参考記事

パリ 女二人旅 2003年2月 ~初めてのパリ~

この時に泊まったホテルは、環状道路を超えた場所にある Mercure Paris Porte de Versailles Expo hotel (メルキュール パリ ポルト ドゥ ヴェルサイユ エクスポ) でした。


最寄り駅は、地下鉄12号線のPorte de Versailles (ポルト・ドゥ・ヴェルサイユ)駅。

パリの中心地にあるサントノレ辺りからホテルまでは、メトロに乗っている時間が約30分、最寄り駅からホテルまでは歩いて約15分かかりました。

この時に思ったのは、「パリの中心って遠いわ~ icon-frown-o

パリで泊まるホテルで女一人旅におすすめする地区

パリ市内に星の数ほどあるホテルの中から効率よく探すには、まず泊まるエリアを決めましょう。

ポイントは旅の目的に合ったエリアを選ぶことです。icon-smile-o

パリで泊まるホテルで女一人旅におすすめする地区

オペラ座 ~ サン・ラザール駅 (右岸)

オペラ座界隈はパリの中心で、人や車の交通量が多いけど、初めてのパリや短期滞在なら使いやすさは抜群です。

オペラ座の北側、オスマン通り沿いにあるプランタンやギャラリー・ラファイエットの2つのデパートは、だいたいの物は揃うので時間に限りのある旅行者には強い味方。

交通の便も良く、

パリCDG空港とパリ市内を結ぶロワシーバスの停留所がオペラ座の横にあり、

サン・ラザール駅からはヴェルサイユ宮殿 (イル・ド・フランス)やルーアン (ノルマンディー地方)へ行く電車が発着、

オーベール駅からはRER-A線でディズニーランド・リゾート・パリやアウトレット「ラ・ヴァレ・ヴィレッジ」へ行けます。

オペラ座、マドレーヌ寺院、コンコルド広場、ヴァンドーム広場、ルーヴル美術館など主な観光名所は徒歩圏内。

オペラ座の東側には、パサージュ(ガラス屋根の付いたアーケードで覆われ、歩行者専用通路の両側に店が並んでいる)が点在しているので、ホテルの近くに静かな散歩路があるかもしれません。icon-star

フランスの観劇やコンサートの時間帯は、20時~22時が一般的です。

オペラ座で観劇をするなら、オペラ座の西側にあるホテルを選ぶと、帰りの足を心配しなくて済みます。

人、店や車の交通量が多いので雑然とした感じを受ける場所もありますが、大きな通りから少し入ると静かに感じる場所もあります。

パリの生活感を味わうには不向きなエリア。

大きな通りではスリや物売りも多いので気をつけたいです。

サントノレ ~ ルーヴル (右岸)

オペラ座界隈と同じように、初めてのパリや短期滞在なら使いやすさは抜群です。

街の喧噪(けんそう)がオペラ座界隈ほどではありません。

セーヌ川、コンコルド広場、ヴァンドーム広場、ルーヴル美術館、パレ・ロワイヤルなどは徒歩圏内、場所によってはマドレーヌ寺院、オペラ座、オルセー美術館なども徒歩圏内になるので、このあたりの観光を重視した旅にはとても便利な場所。

パリからのオプショナルツアーの集合場所が、ルーヴル美術館の近くのことが多いので、ツアーに参加するなら便利です。

ルーヴル美術館やチュイルリー公園に沿っているリヴォリ通りは、車の交通量や観光客が多いので、リヴォリ通りに面したホテルは車の走る音や人の往来が少し気になるところ。

ルーヴル美術館の東側は、シャトレに近づくに連れて10代~20代の人たちが楽しむエリアになってきます。

マレ (右岸)

17世紀の館や街並みが今も残るエリアです。

歴史的な建物が並びながら流行の中心地として人気が高いマレ。

「パリの今を感じる」ならこのエリア。

ピカソ美術館、カルナヴァレ美術館など、貴族の館を利用し建築と芸術を一緒に楽しめる美術館や博物館が多いのも魅力。

サン・ジェルマン ~ カルチェ・ラタン (左岸)

icon-asteriskサン・ジェルマン

かつては文学や思想の中心地で、フランス文化をリードしていたサン・ジェルマン界隈。

サン・ジェルマン大通りを挟んで北側 (セーヌ川側)には骨董品店やアートギャラリーが、南側 (リュクサンブール公園側)にはファッションや雑貨の店が集まっています。

パリらしい雑貨を見つけたり、カフェ文化を楽しんでいるのを目の当たりにしたり、ぶらぶら歩くのが楽しい場所。

日本に紹介されているパティスリー(洋菓子店)はだいたい揃っているので、旅の目的に「スィーツ巡り」があるなら立地としては抜群です。icon-star

セーヌ川沿い、ルーヴル美術館やオルセー美術館へは徒歩圏内で、パリ市内の南北と東西を走るバスも利用でき、旅行者には便利なエリアです。

icon-asteriskカルチェ・ラタン

学校、書店や映画館が集まる文教エリア。

学生向けの(パリの中では)安くて美味しい店、テイクアウトのできる店も多く、旅行者にはうれしい。

セーヌ川沿い、ノートルダム大聖堂やサント・シャペルがあるシテ島へは徒歩圏内。

スポンサーリンク

[設備] ホテルの設備は予約前に確認しておこう

旅行の目的、滞在日数に応じて自分に必要な設備がホテルにあるのかは確認して予約しましょう。

今までのフランス旅行で泊まったホテルの経験から、私がホテルを予約する前に確認しているホテルの設備は

  • エレベーター (リフト)
  • エアコン
  • ミニバー(冷蔵庫)
  • バスルーム シャワーのみとバスタブ付
  • ドライヤー

これらについて、「なぜ予約する前に確認しているのか」をお伝えします。

エレベーター (リフト)

宿泊するホテルのWEBサイトでエレベーターの有無を確認しましょう。

パリは17世紀に防火を目的として、建物の構造をそれまでの木骨造から石造や煉瓦造(れんがぞう)へ変えていきました。

パリ市内のホテルの多くは、その頃からの建物を利用しています。

そのため、ホテルにエレベーターがあるとは限りません。

エレベーターがあっても、最上階へは階段を使用するホテルもあります。

スーツケースを持って自分の部屋の階まで階段を上り下り(のぼりおり)するのは、考えただけで涙ものです。

「パリに来て、何やってるんだろ...アタシ😩」って切なくなります。

エレベーターの大きさは大人2人乗ったら満員というくらい小さいことが多々あり、扉が二重扉になっていて外側の扉(ちょっと力が必要)は自分で開けるタイプが多いので、スーツケースの大きさは注意です。

友人とのパリ旅行の時のこと、二人で一緒にエレベーターに乗れず、一人ずつ使いましたが、友人は自分が旅行に持ってきた96ℓ(55x70x25)サイズのスーツケースをやっとこ乗せていました。

パリ2区にあるホテルのエレベーターから降りたところの写真です。

ホテルのエレベーターから降りたところの写真

左側のように外側に扉が付いていて、エレベーターの扉が開いたら内側から自分で開けます。

エアコン

夏の旅行は暑さ対策を考え宿泊するホテルのWEBサイトで客室のエアコンの有無を確認しましょう。

夏のフランスは、高温多湿の日本とは違い日差しは強くて暑いけど湿度が低いので、エアコンの普及率は低く、エアコンが客室に設置されていないホテルが珍しくはありません。

ここ数年、夏のフランスは猛暑のニュースが増えています。

猛暑が続くこともあり、フランス厚生省が暑さについて注意勧告しています。

フランス厚生省の暑さについての注意勧告

夏のパリでの暑さ対策についてはこちらを参考にしてみて。

参考記事

[7月,8月,9月]夏のパリ 観光に役立つ天候、服装、休日、イベント情報 〈5 夏の滞在中の注意 5.1暑さ対策〉

ミニバー(冷蔵庫)

ヨーグルト、チーズ、バターなどの乳製品を買って食べたい、冷たい水(ペットボトル)が飲みたいと思っているなら、ミニバーは必須。ホテルのWEBサイトで客室内のミニバーの有無を確認しましょう。

ホテル客室内に設置されているミニバー(冷蔵庫)には、ミネラルウォーター、ソフトドリンクやアルコール類などが常備されています。

無料の飲料水以外はすべてが有料、自己申告制でチェックアウト時に清算します。

ミニバー内は、常備されている飲料類の他に少し物を入れられるスペースがある場合が多いので、スーパー、マルシェなどで買った要冷蔵のものを保管できます。

パリ9区にあるホテルの客室内に設置されているミニバー

ホテルの客室内に設置されているミニバー

ホテルのWEBサイトに「ミニバーあり」の表記がなくても、ホテルの冷蔵庫で預かってもらえることもあるので、ホテルの予約をする前にメールで確認しましょう。

滞在期間が短い、要冷蔵の買い物はしない、買ってもすぐに消費する、宿泊費を抑えたいなどの場合は、ミニバーにこだわることはないと思います。

バスルーム シャワーのみとバスタブ付き

「湯船に浸かって一日の疲れをとりたいなぁ、寒い季節は温まりたいなぁ」と思っているならバスタブが付いているのかを確認しましょう。

欧州では入浴する習慣がないので、シャワーのみの客室は多いです。

ホテルのWEBサイトやホテル予約サイトの客室の詳細で、「専用バスルーム」と表記されているのは「客室内にトイレやシャワー(またはバスタブ)の設備が備わっている」ということで、バスタブが必ずあるということではありません。

「バスルーム」と聞くと、湯船がある画(え)を思い浮かべますよね。(汗)

私はバスタブ付きの部屋を予約しても、予約時のリクエスト欄に「バスタブ付きを希望します」と念のため書き込んでおきます。

ドライヤー

普段、髪型はドライヤーでまとめているなら持参しましょう。

ただし、変圧とプラグ(コンセントに差し込む部分)には注意!

ドライヤーがバスルームに設置されていないホテルは珍しくありません。

レセプション(受付)で言うと貸してくれることもありますが、確実ではありません。

ドライヤー自体も使えるものなのかどうか...

私が今まで泊まったホテルに設置されているドライヤーは、スイッチをオンオフする機能しか付いていませんでした。

風力が弱いか強いかのどちらかなので、乾かすだけなら使えます。

今まで泊まったホテルに設置されていたドライヤー

ホテルに備え付けのドライヤー

どれも壁付けです。

真ん中のドライヤーは、ここから外すと「ガァーーー」っと風が出てくるタイプです。

  icon-pagelines パリの電圧とプラグ

日本の電圧は100V(ボルト)、フランスは220Vです。フランスで日本製の電化製品を使う時は、電圧を変える変圧器を持参するか、220Vの電圧にも対応している日本製品を持参する必要があります。

もし説明書に「100V-240V、50/60HZ 」と記載されていたら変圧器はいりません。

変圧器について注意点があります。

温度調整機能が付いたヘアアイロンやナノケアドライヤーは、電圧の上げ下げで温度調整をしているので変圧器は使えないのです。

日本とフランスのコンセント形状が違うので、日本製品を使う時にはフランスの形状に合ったプラグ(コンセントに差し込む部分)が必要です。

プラグの形はCタイプ(ピンが2本)とSEタイプ(ピンが3本)の2種類。

日本から変換プラグを持参するのを忘れずに!

フランスで使えるドライヤーと変換プラグの一例です。

購入する時の参考にしてみてください。

シャープヘアドライヤープラズマクラスター搭載海外対応ホワイトIB-HD16W

[ AC100~120V ] と [ AC200~240V ]の電圧切換スイッチ付き。国内、海外の両方で使用できるのはうれしいですね。

海外用変換プラグ C/SEタイプ セット

[宿泊費] 宿泊する場所、予約時の条件、曜日、時期で変わってくる

パリにあるホテルで一番多いのが3つ星クラス。

シングル1泊1万円台前半からあり、平均すると1泊1万8000円くらいです。

この金額の差はいろいろな条件で変わってきます。

icon-check-circle 宿泊場所

パリ中心に近くなるに連れて値段は上がります。

交通の便、治安の面を考えると、なるべく中心に近い場所のホテルを選びたいところです。

探す時に、通りを1本ずらしてみる、設備面の条件を緩くしてみる (例えば、バスタブ無し、ミニバー無しなど )と、料金が抑えられます。

icon-check-circle 予約時の条件

ホテルを予約する時に、その予約をキャンセル不可、キャンセル可 (24、48時間前まで、または1日、2日前までは無料などの規定あり)、朝食なし、朝食ありで、料金が違ってきます。

例を挙げてみますね。

あるホテルのWEBサイトで部屋の検索をするとこのような結果が表示されます。

予約時の条件

5泊の合計価格を比べてみると、予約時の条件で最大で250€(ユーロ)(1,090€-840€)の差がありますね。

この差をどう考えるかです。

最安値の場合、予約と同時に決済されますから、もし、ホテルの変更や旅行が中止になってキャンセルしたい状況になった時に840ユーロは払い戻されません。

  • 払い戻されなくてもいいから、最安値にする。
  • 250ユーロ多く払うけど、キャンセル無料の規定がある値段にする。

ここは旅行費用に大きく影響してきます。

icon-check-circle 日曜日の宿泊料金

パリに限らずですが、フランスの日曜日は店が休みのことが多く、月曜日は旅行で訪れる施設が休館のことが多いので、日曜日の宿泊料金は安く設定されていることがあります。

日曜日の宿泊料金

日曜日を宿泊するように旅程を考えると、料金が抑えられます。

icon-check-circle 季節とイベント

ヨーロッパのベストシーズンは夏。

フランス国内や他のヨーロッパの国からバカンスを利用して旅行者がパリにやってきます。

宿泊料金は6月下旬から徐々に上がって、9月下旬頃まで高い料金が続きます。

7月~8月は「サマーキャンペーン」として、割引料金を提供しているホテルもあるので、ホテルのWEBサイトで確認してみましょう。

12月中旬~月末のクリスマス、3月上旬と10月上旬に開催されるパリコレ(ファッションブランドの新作発表会)の期間も料金を高めに設定しているホテルがあります。

パリコレ期間中は、パリの中心にあるホテルは満室になる可能性が高いので、半年以上前に予約することをおススメします。

  icon-pagelines 宿泊費は旅費全体の一部と考える

ホテルを探す時に、「1泊の予算がだいたい○○円またはユーロで見つけよう」と決めてしまうこと、ありませんか?

泊まってみた~いicon-heart と思うホテルに出会った時、予算オーバーだからあきらめるのは、とても残念なこと。

そんな時は、旅費全体の中で調整してみましょう。

例えば、ヴェルサイユ宮殿に日本語ガイド付きツアー(70ユーロ前後)で行く計画を『電車でヴェルサイユへ行き、入場券を購入し、オーディオガイドを借りる(27~34ユーロ)』形に変更する。

旅費全体の中で調整できなかったら、ホテルで調整してみましょう。

例えば、1つのホテルに全泊しないで、前半は料金が安いホテルに泊まり、後半にいいなぁと思ったホテルに泊まる。

宿泊費を旅費の一部と考えれば、希望のホテルでの宿泊が可能になります。

まとめ

パリで泊まるホテルを予約する前に考えておきたい、立地、設備、宿泊費についてお伝えしました。

「ホテルは寝るだけで良いわ~」で大丈夫なのは、寝れば翌日には気力体力が戻ってくる若い時だけです。(笑)

街歩き、美術館、買い物など、気が付くと「あら、こんなに歩いちゃった(汗)」と思う街、パリ。

ホテルの部屋に戻った時に、ホッとしてのんびりできる部屋で英気を養うのは大事です。

「良い旅だった~」と思えるのにはホテル選びは重要です。icon-smile-o

あなたに合ったホテルを見つけましょう。

ホテルを予約するときに知っておきたい、ホテルの部屋の呼び名、★(星)の数によるホテルの格付け、プチ・ホテルについて、こちらでご紹介しています。

Bon voyage icon-plane

良い旅を