[1月,2月,3月]冬のパリ 観光に役立つ天候、服装、休日、イベント情報

冬のパリ

冬頃にパリへ旅行する時に知っておきたい、天候、服装、休日、イベントなどの情報をまとめてみました。

今回は12月21日から3月20日までの情報をお伝えします。

この期間はフランスでの暦上の冬を言います。

•春 3月21日から6月20日まで
•夏 6月21日から9月20日まで
•秋 9月21日から12月20日まで
•冬 12月21日から3月20日まで

スポンサーリンク

項目は次の5つです。

icon-asterisk 天候と服装
icon-asterisk フランスの休暇
icon-asterisk イベントとおでかけ
icon-asterisk 旬の食材
icon-asterisk 滞在中の注意点

旅行計画の参考にしてみて下さい。

冬の天候と服装

天候、服装を考える時、緯度からみてみると、どんな準備をすればよいのかのヒントになります。

日本の都市と欧州~北アフリカの都市を比較してみました。

緯度の比較

パリが稚内よりも緯度が高いのに温暖な気候に恵まれているのは、フランスの西側の大西洋に暖流の北大西洋海流が流れ、一年を通して西から吹く偏西風が暖流の上の暖かい空気を運ぶからです。

日本のどこに住んでいるか、寒さ暑さに強いか弱いかによって、どのくらいで寒い、暖かいが違ってくると思います。

1月、2月

icon-check-circle 天候

晴れの日が少なく、ほぼ毎日が曇り空。

午前中に薄い霧が発生することもあり、エッフェル塔の上方が霧で覆われて見えにくくなる時があります。

朝、路面が凍っていることがあるので、足元には気をつけて。

12月からグッと下がる気温は、平均最高気温が6度、平均最低気温が2度ほど。

0度以下になる日もあり、寒さが厳しいです。

日照時間も9時間くらいで、朝8時頃でも外はまだ暗く、夕方5時頃には薄暗くなってきます。

icon-check-circle 服装

防寒性が高いダウンコートは必需品。

外は寒く建物の中は暖房で暖かいので、コートの下は厚着にならない服装で調整しましょう。

足元からジンジンと冷えてくるので、歩きやすく防寒がしっかりしたブーツは欠かせません。

寒さで路面が凍っていることがあるので、靴裏は滑り止めが付いたものが安心です。

厚手の靴下やパンツの下にレッグウォーマーなどを着用するのも効果的。

首元や頭も厚めのマフラー、ストールや帽子でしっかり防寒するのを忘れずに。

3月

icon-check-circle 天候

3月になると日照時間が少しずつ長くなり、寒さも緩んできますが、まだまだ冬の寒さが続きます。

最高気温が10度を上回り晴れる日が多くなって、街歩きもしやすくなりますが、朝晩は冷え込み、日中の外気は冷たく感じます。

天候が安定せず雨が降ることも多いので、雨対策も忘れずに。

icon-check-circle 服装

3月中旬頃までは、真冬なみの寒さの日もあるので、厚手のコート、セーターやタイツなどは必需品。

気温の低い朝晩は、手袋、マフラー、ストールや帽子などの小物類で調整しましょう。

フランスの天気予報

天気は行ってみないと正直わかりませんが、出発前に天気予報をチェックしたいですよね。

フランスの天気予報は日本と比べると当たらない...ことが多いのですが、パリでの過ごし方、服装や持ち物選び参考にはなります。

 Météo Paris (フランス語)

天気のアイコンと数値の表記がわかりやすい

Météo Parisのウエブサイト 

Météo Parisの使い方はこちらで紹介しています。

icon-file  参考記事
パリの天気予報の当たる確率UP!フランス気象学者監修Météo Parisの紹介

Yahoo Weather (英語)

フランス語より英語のほうがいい時はこちら

Yahoo Weatherのウエブサイト 

冬のフランスの祝日、休暇

パリに限らずフランスへ旅行する時に外せない事に「休暇」があります。

これを知っているのと知らないのとでは現地での過ごし方に違いが出てきます。

例えば、行こうと思っていた場所がやっていなかったり、思っていた以上に混雑していて予定変更せざるをえなかったり...

この休暇の情報を上手に取り入れて旅行の計画をしましょう。

12月下旬~1月上旬

icon-check-circle 学校の休み

フランスには2週間ほどの学校の休みが年に4回あります。

「えっ?また2週間の休みなの?」と言ってしまうくらい。

ヴァカンス大国フランスです。

住んでいる地域によって期間が違う休みもあり、フランス全土をA、B、Cの3つのゾーンに分け期間をずらして休むようになっています。

パリはゾーンCです。

冬には期間がフランス全土共通のクリスマスの休み(Vacances de Noël )があります。

期間は12月下旬~1月上旬の間で日程は毎年変わります。

会社や店が休みになるわけではありませんが、学校の休みに合わせて家族が休暇にすることが多いので、観光地やイベント会場が混雑することが考えられます。

旅の計画をする時に期間がいつなのかを知っておくといいです。

フランス文部省のサイトにカレンダー(Le calendrier scolaire)があり、ここで確認出来ます。

フランス文部省サイトのカレンダー 

12月

icon-check-circle 12月25日 クリスマス(Noël ノエル)

イエス・キリストの降誕を祝うキリスト教の祝日。

この日はフランスでは、1年で最も大切な日。

24日の夜から家族が集まり、25日の明け方までの長~い食事会で楽しいひと時を過ごします。

25日は午後になって、家族で散歩に出かけるくらいで、家で過ごすことの方が多いので、いつもより静かなパリの街中。

12月24日の午後くらいから、レストラン、スーパーなど店が閉まり、25日はほとんどの店、美術館や観光施設が閉店しているので要注意!

1月

icon-check-circle 1月1日 元旦(Jour de l’an ジュー ドゥ ラン)

フランスでは、大晦日から元旦の朝まで友達と飲んで騒いで年越しするの、元旦は家でまったり過ごす人が多いようです。

クリスマス休暇の締めが新しい年がやってくるイベントの大晦日、その後が1月1日。

新年のカウントダウンが、テレビ各局で時間差があるのも適当大国フランスらしい。(笑)

2月

フランスの2月は祝日、休暇はありません。

2月中旬~3月上旬

icon-check-circle 学校の休み

フランスには2週間ほどの学校の休みが年に4回あります。

「えっ?また2週間の休みなの?」と言ってしまうくらい。

ヴァカンス大国フランスです。

住んでいる地域によって期間が違う休みもあり、フランス全土をA、B、Cの3つのゾーンに分け期間をずらして休むようになっています。

パリはゾーンCです。

冬には期間がゾーンによって違う、冬休みがあります。

期間は2月中旬~3月上旬の間で日程は毎年変わります。

会社や店が休みになるわけではありませんが、学校の休みに合わせて家族が休暇にすることが多いので、観光地やイベント会場が混雑することが考えられます。

旅の計画をする時に期間がいつなのかを知っておくといいです。

フランス文部省のサイトにカレンダー(Le calendrier scolaire)があり、ここで確認出来ます。

フランス文部省サイトのカレンダー 

3月

フランスの3月は祝日、休暇はありません。

冬のイベントとおでかけ

イベント

パリ、フランスならではのイベントを旅程に組み込みと旅楽しみ方の幅が広がります。

公現祭(Épiphanie)

1月6日または1月2日から8日の間の主日(日曜日)に、すべてのキリスト教会で行われる祝祭で、キリストの降誕により神の霊の美しさがキリストを通してすべての人に現れたことを祝う日。

フランスではガレット・デ・ロワ (galette des rois) と呼ばれるお菓子 (アーモンドクリームが入ったパイ) を食べる風習があります。

パイの中にフェーヴ (fève:ソラマメの意味) と呼ばれる陶製の小さな人形が1つ入っていて、フェーヴが当たった人は王冠を被って祝福を受け、幸運が1年間続くと言われています。

冬のソルド(セール)(solde d’hiver)

年に2回あるセールの1つ。

冬のソルドが1月上旬から始まります。

ソルドについてはこちらで紹介しています。

icon-file  参考記事
パリのソルド!夏冬の開催期間とお得に買い物をするポイント

聖燭祭(Chandeleur)

2月2日、イエスが降誕40日後に両親に連れられてエルサレムの神殿で神に捧げられた日を祝う日。

フランスではクレープ(crêpe)を食べるという風習があります。

冬の種蒔きが始まるこの時期、形が丸く黄金色のクレープは長い冬が終わり、春の訪れを象徴する太陽を思い出させるからです。

バレンタインデー(Saint-Valentin)

2月14日、フランスでは「カップルのための祭日」で、パートナーがいない人には重要ではありません。

男性が女性に何かを贈り、祝います。

商業イベントと考えている人が多く、パートナーがいても祝わない傾向にあります。

愛は日常的に表現するもの...

フランスっぽいですね。icon-heart

マルディ・グラ(Mardi Gras)

2月2日の聖燭祭の後にあり、毎年、復活祭の日にちによって変わるキリスト教の祭り。

復活祭の日にちを基点に47日前と決まっています。

フランスでは定番のクレープ(crêpe)やビューニュ(Bugne)、ベニエ(Beignet)といった揚げ菓子を食べるという風習があります。

国際農業見本市(Salon International de l’Agriculture)

2月下旬~3月上旬に農業大国フランスが、国を挙げて開催する農業国際見本市。

国の内外から集まった家畜やチーズ、ヨーグルト、バター、ワイン、などの加工食品の品評会があり、毎年、大統領や政治家も足を運ぶ、大イベントです。

農業関係者のための見本市ですが、一般の人も入場券を買えば会場に入ることができます。

会場内はあちらでもこちらでも試食、試飲の嵐。

レストラン、屋台もあるので、食いしん坊なら行ってみたい見本市です。

買い物はクレジットカードが使えないこともあるので、現金の用意を忘れずに。

会場は15区にある「ポルト・ドゥ・ヴェルサイユ見本市会場」

農業国際見本市 WEBサイト icon-external-link

パリ・ハーフマラソン(Semi Marathon de Paris)

3月に開催され、パリ12区のヴァンセンヌの森からスタートして、パリの中心で折り返しヴァンセンヌの森に戻る約21Kmの距離を走ります。

ビオ見本市 ヴィーヴル・オートルマン(Salon Bio Vivre Autrement)

3月にパリ12区のヴァンセンヌの森の一画にあるパリ花公園で毎年行われる、ビオ(オーガニック)見本市。

野菜、果物や農畜産物といった食材や食品、衣類、化粧品、アロマの精油などがフランス全土から集まります。

会場内では試食、試飲ができ、ベジタリアン料理レストランもあります。

イベント会場までの道にもすべてビオの食材を使って調理している屋台が並んでいます。

イベントの日が近づいてくると、パリ市内のスーパーで入場無料券付きのチラシが置かれるのでそれを入手しましょう。

おでかけ

冬にパリへ旅行するならおススメしたいのは、天気の良い日があれば、アツアツの焼き栗を買って公園で日向ぼっこ。

街のあちこちで焼き栗の屋台を見かけます。

私は初めてパリに旅行した時、寒空の下、アツアツの焼き栗を食べて同行の友人と感激しました。

その時の記事はこちら

icon-file  参考記事
パリ 女の旅行記 2003年2月 ~初めてのパリ~ 〈5 3日目(日) ノートルダム大聖堂とルーヴル美術館へ行く〉

寒さ対策をして冬のパリを楽しみましょう。

12月25日に開館している施設

ほとんどの美術館や施設が休館しますが、開館しているところもあります。

icon-check-circle ノートルダム大聖堂 ( Cathédrale Notre-Dame de Paris )

ノートルダム大聖堂 WEBサイト icon-external-link

icon-check-circle ポンピドーセンター ( Centre Pompidou )

ポンピドーセンター WEBサイト icon-external-link

    ※25日が火曜の場合は休み

icon-check-circle ムンドランガ美術館 ( Musée Mundolingua )

ムンドランガ美術館 WEBサイト icon-external-link

icon-check-circle エッフェル塔 ( La Tour Eiffel )

エッフェル塔 WEBサイト icon-external-link

icon-check-circle ジャックマール・アンドレ美術館 ( Musée Jacquemart-André )

ジャックマール・アンドレ美術館 WEBサイト icon-external-link

icon-check-circle パリ香水美術館 ( Le Grand Musée du Parfum )

パリ香水美術館 WEBサイト icon-external-link

    ※25日が月曜の場合は休み

icon-check-circle グレヴァン蝋人形館 ( Grévin )

グレヴァン蝋人形館 WEBサイト icon-external-link 

icon-check-circle パリ動物園 ( Grévin )

パリ動物園 WEBサイト icon-external-link

    ※25日が火曜の場合は休み

icon-check-circle 映画博物館 ( Cinémathèque Française )

映画博物館 WEBサイト icon-external-link

    ※25日が火曜の場合は休み

icon-check-circle モンパルナスタワー ( Tour Montparnasse 56 )

モンパルナスタワー WEBサイト icon-external-link

icon-check-circle アクリマタシオン庭園 ( Jardin d’Acclimatation )

アクリマタシオン庭園 WEBサイト icon-external-link

icon-check-circle サクレクール寺院 ( Basilique du Sacré-Cœur )

サクレクール寺院 WEBサイト icon-external-link

icon-check-circle モンマルトル美術館 ( Musée de Montmartre )

モンマルトル美術館 WEBサイト icon-external-link

icon-check-circle ダリ美術館 ( Espace Dali )

ダリ美術館 WEBサイト icon-external-link

12月〜1月年始にかけて クリスマスマーケット

年明けまで開催されているクリスマスマーケットもあり、年末年始にパリにいるならクリスマス気分を味わえます。

icon-check-circle シャンゼリゼ(チュイルリー公園)

Marché de Noël des Champs-Elysées au Jardin des Tuileries

※シャンゼリゼ通りのクリスマスマーケットが場所をチュイルリー公園に移して開催。

icon-map-marker Jardin des Tuileries ( チュイルリー公園 )

icon-calendar 2018年11月24日~2019年1月6日

icon-check-circle レ・アルのカノペ(天蓋)(レ・アル)

Le Marché de Noël de la Canopée des Halles à Paris

icon-map-marker Les Halles ( レ・アル )

icon-calendar 2018年12月1日~2019年1月6日

icon-clock-o 月曜日、火曜日 10:00~20:30

 水曜日~土曜日 10:00~21:00

 日曜日 11:00~20:00

icon-check-circle パリ市庁

Marché de Noël sur le Parvis de l’Hôtel de Ville

icon-map-marker Hôtel de Ville ( オテル・ドゥ・ヴィル )

icon-calendar 2018年12月14日~2019年1月6日

icon-check-circle ボブール(ポンピドーセンター)

Marché de Noël à Beaubourg

icon-map-marker Beaubourg ( ボブール )

icon-calendar 2018年12月1日~2019年1月2日

icon-clock-o 10時~21時

icon-check-circle ノートルダム大聖堂

Le Marché de Noël de Notre-Dame de Paris

icon-map-marker Square René Viviani ( ヴィヴィアニ公園 )

icon-calendar 2018年12月14日~2018年12月23日

icon-clock-o 月曜日~木曜日 10:00~20:00

 金曜日、土曜日、日曜日 10:00~21:00

icon-check-circle サン・ジェルマン・デ・プレ

Le Marché de Noël de Saint-Germain-des-Prés

icon-map-marker Place Saint-Germain-des-Prés ( サン・ジェルマン・デ・プレ広場 )

icon-calendar 2018年12月1日~2018年12月31日

icon-check-circle 東駅

Le Marché de Noël Alsacien à la Gare de l’Est

クリスマスマーケットで有名なアルザスの伝統的な料理や特産品が手に入ります。

日替わりで試食、試飲ができる催事が用意されています。

icon-map-marker Gare de l’Est ( 東駅 )

icon-calendar 2018年12月5日~2018年12月21日

icon-clock-o 月曜日~土曜日 9:00~20:00

 日曜日 10:00~19:00

 12月21日(金) 10:00~18:00

icon-check-circle ラ・デフォンス ( 新凱旋門 )

Le Village de Noël de La Défense

icon-map-marker Parvis de la Défense  ( パルヴィ・ドゥ・ラ・デフォンス )

icon-calendar 2018年11月22日~2018年12月29日 12月25日(火)は休み

icon-clock-o 日曜日~木曜日 11:00~20:00

 金曜日 11:00~22:00

 土曜日 10:00~22:00

1月1日 シャンゼリゼ通りのニューイヤー・パレード

世界数か国がマーチングバンド、チアリーディング、民族衣装を着ての踊りなどでシャンゼリゼ通りを練り歩きます。

お昼過ぎにシャンゼリゼ通りが歩行者天国になり、14時頃からパレードが開催。

1月1日に開館している施設

12月25日同様、ほとんどの美術館や施設が休館しますが、開館しているところもあります。

icon-check-circle オランジュリー美術館 ( Musée de l’Orangerie )

オランジュリー美術館 WEBサイト icon-external-link

    ※1日が火曜の場合は休み

icon-check-circle ポンピドーセンター ( Centre Pompidou )

ポンピドーセンター WEBサイト icon-external-link

    ※1日が火曜の場合は休み

icon-check-circle リュクサンブール美術館 ( Musée du Luxembourg )

リュクサンブール美術館 WEBサイト icon-external-link

icon-check-circle オルセー美術館 ( Musée d’Orsay )

オルセー美術館 WEBサイト icon-external-link

icon-check-circle ジャックマール・アンドレ美術館 ( Musée Jacquemart-André )

ジャックマール・アンドレ美術館 WEBサイト 

icon-check-circle 映画博物館 ( Cinémathèque Française )

映画博物館 WEBサイト icon-external-link

    ※1日が火曜の場合は休み

icon-check-circle ダリ美術館 ( Espace Dali )

ダリ美術館 WEBサイト icon-external-link

スポンサーリンク

冬の旬の食材

食も旅の楽しみの1つ!

レストランやビストロで旬の食材を見かけたら試してみて。

果物やチーズはホテルの部屋でも楽しめます。

持ち帰る時のエコバッグ、紙皿などを持って行くのを忘れずに。

冬の食材

冬の滞在中の注意点

パリで観光施設や買い物で楽しみたいなら12月24日、25日は避ける

ほとんどの観光施設、レストラン、デパート、スーパーなどが閉まります。

パリで特に予定を立てず、ホテル近くの教会へ行ったり、たまたま開いているカフェでお茶したりと、のんびり街を楽しむのなら最適な日。

そうでないなら12月24日、25日を滞在の中心にはせず、前後どちらかにずらすのをおススメします。

クリスマス休み翌日の12月26日は、主だった観光施設は混雑するので、観光、買い物、観劇などを上手く組み合わせましょう。

天候不良による交通機関への影響

パリは天候不良による影響をかなり受けます。

メトロ、RERやバスの運行本数が減ったり、CDG空港までの高速道路が閉鎖されたり、飛行機の遅延、キャンセルなど。

また、エッフェル塔が閉鎖されることもあります。

下の写真のように天候不良でエッフェル塔の上部が見えません。(涙)

ガスがかかって上部が見えないエッフェル塔

滞在中に天候不良になったら、交通機関の運行状況や観光施設の営業について出かける前にチェックしましょう。

チェックしたい交通機関

 パリ交通公団RATP

パリ市内・近郊の公共交通機関のMétro(地下鉄)、RER(パリ市内と郊外を結ぶ鉄道)、バス、トラムなどの情報。

トップページに情報と警告(フランス語のみ)が掲載されます。

パリ交通公団RATP WEBサイト icon-external-link

 フランス国鉄SNCF

パリから地方都市へ移動する際に利用するTGVやTERなど情報。

フランス国鉄SNCF WEBサイト icon-external-link

Menu の中の Itinéraires & réservation の中の Informations trafic icon-external-link に掲載されます。

冬のパリへ旅行して思ったこと

冬にパリへ旅行したのは、1月下旬~2月上旬。

出かける気にはならないくらい寒く、空の色もどんよりとした鉛色の日々が続きます。

マイナスなイメージですが、それがパリ街並みとしっくりくる。

私には心地よかったです。

冬のパリへ旅行する時は、あちらこちら見て回るのではなく、数ヶ所でゆっくり時間をかけて過ごすのが良いと思います。

ちょっと贅沢な気はしますが。